2013年05月12日

「こどもの日」に思う……『鐘撞き人』からのメッセージ3

1. 憲法記念日の5月3日〔1947年の施行日〕に綴られた1944年の日記がある。「そもそもなぜ人間は、ますます大きな飛行機、ますます大型な爆弾をいっぽうでつくりだしておきながら、いっぽうでは、復興のためにプレハブ住宅をつくったりするのでしょう?」。これは『アンネの日記』で「親愛なるキティへ」呼びかけた疑問だ。

2. 「いったいどうして、毎日何百万という戦費を費やしながら、そのいっぽうでは、医療施設とか、芸術家とか、貧しい人たちのために使うお金がぜんぜんない、などということが起こりうるのでしょう?」と、アンネの第2の疑問がわきます。まず、これらの設問は、3・11体験を経た現代社会に生きる人びとにも現実味が大きく深い。

3. 「世界のどこかでは、食べものがありあまって、腐らせているところさえあるというのに、どうしていっぽうには、飢え死にしなくちゃならないひとがいるのでしょう?」
≪隠れ家≫生活で腐ったジャガイモを大事にアンネの家族らは、息を潜めながら食べていた。そんな窮乏生活の中で、飢える人びとへの優しい思いやりに胸がつまる。

4. 「いったいどうして人間は、こんなにも愚かなのでしょう?私は思うのです。戦争の責任は、偉い人たちや政治家、資本家にだけあるのではありません。そうですとも、そうでなかったら、世界じゅうの人びとはとうに立ちあがって、革命を起こしていたでしょうから。」と、私たち1人ひとりの<戦争責任>について迫ります。

5. 「もともと人間には、破壊本能が、殺戮の本能があります。殺したい、暴力をふるいたいという本能があります。」とアンネは戦争が世界からなくならないのは、人間が持つ<破壊本能>にあるという社会哲学の命題を提示。だからこそ、きな臭い日本周辺では隣国とともに談論風発して「いかに戦争回避の道」を探るのが第一だ。

6. 「ですから、全人類がひとりの例外もなく心を入れかえるまでは、けっして戦争の絶えることはなく、それまで築かれ、つちかわれ、はぐくまれてきたものは、ことごとく打倒され、傷つけられ、破壊されて、すべては一から新規まきなおしに始めなくちゃならないでしょう。じゃまた、アンネ・M・フランクより」とペンを置く。

7. 戦場に駆りたてられるのは「子どもたち」の世代だ。このアンネの社会哲学的な設問に真摯に解答かつ回答すべく『鐘撞き人』第V部<愛と平和>篇を2013年5月3日付けで上梓した。古今東西の名作名画50本からのメッセージをあぶり出して、私たち一人ひとりが「戦争責任とは?」を考えるきっかけになれば、と思っています。
annefuranku.jpg
2013(平成25)年5月5日 「こどもの日」に  岳 重人
posted by 岳重人 at 06:13| Comment(0) | 日記

「みどりの日」に思う……『鐘撞き人』からのメッセージ2

1. 「持続化可能の開発って何?」を一年前のこの口に<東北再生スケッチ>三部作の『舟曳き人』第U部<核と未来>篇でまとめている。「現代の世代が引き継いだ遺産を、少なくとも同じ程度のものだけは次世代に引き継ぐことであり、生態系のもっている扶養再生能力の範囲内で生活しながら、生活の質を向上させること。」

2. 今、世界文化遺産登録で話題になっているのが富士山だ。『種蒔き人』第T部<夢と希望>篇で、葛飾北斎が「冨嶽三十六景」で日本文化に根差した想いを<ホッホとKenjiの往復書簡>を談論風発した。「信仰・芸術の遺跡群」として世界的に認められるのは、ホッホさんが崇敬したPereタンギーがとても驚喜しているだろう。

3. 『タンギー爺さん』の頭の辺りに<フジヤマ>を描いたのは日本人の信仰心にあやかって<後光>をイメージしたものだった。江戸時代は<不二山>信仰がブームになったほどで、庶民にとっては北斎の「冨嶽三十六景」が、評判だったことでがわかる。彼の文字絵の教本には「大八に小八重ねてふじのやま」と三峰を象徴させている。

4. 今回、6月に正式登録される富士山は、以前は国内候補で「周辺環境がゴミだらけで自然遺産にふさわしくない」とされた。『鐘撞き人』第V部<愛と平和>篇では「伊達正宗は<甲斐の富士>をいつ見たのか」が話題になっている。宝永4(1707)年に大爆発して富士四湖が富士五湖になった。まだ10万年の若い活火山なのだ。

5. 北斎や広重の浮世絵に滲む江戸時代の<風景と風情>を多くの人々に再認識してもらうには文化遺産登録は、ちょうどキャンペーンにもいい。だから、もう一度、江戸を再発見する大事業が必要。あまりにも味わいのない景色になりつつあるから……。広重浮世絵に刺激された『花咲く梅の木』『雨中の橋』の模写を見直してほしい。

6. 練馬区立南田中図書館での≪環境映画≫上映会第12弾『流〜ながれ〜』はそんな問題意識を啓発する秀作である。製作・撮影の能勢広撮影監督と編集も兼ねた村上浩康監督によって中津川を10年間≪飽くなき探究心≫で追及された努力に頭が下がる。
カワラノギクもヒゲナガカワトビケラも大自然の生態系の中で生かされている。

7. また、「土用の丑」の日が消える? ワシントン野生動物植物取引条約でヨーロッパウナギとアメリカウナギが絶滅状態だ。ニホンウナギも大同小異だ。その原因とは、古里の川を遡るウナギが護岸工事や堰、そしてダムのため産卵する場所が激減したからだ。だからこそ「生態系のもっている扶養再生能力の範囲内」生活を大事にしたい。
samurai.jpg
2013(平成25)年5月4日 「みどりの日に」 岳 重人
posted by 岳重人 at 06:12| Comment(0) | 日記