2014年02月24日

「ケネディ大統領」の就任演説に思う………『国護り人』のメッセージ(51)

1月26日「10代だっていやなんだ」と特定秘密保護法反対のデモで渋谷・原宿周辺に650人が参集し自信を持って安倍ボンのゴリ押しをに反旗を翻している。「秘密はいやだ!U−20デモ」の参加者は「権力者に都合よく解釈されるような法は良くない」と意見が言えるほど、ボンボンよりも大人なんですよ。若者に誇りを持ってもいいね。

★「ケネディ大統領は1961年1月の就任演説で、“我々に好意を持つ者であれ、敵意を持つ者であれ、すべての国をしても次のことを知らしめよ。我々は自由の確保とその勝利のために、いかなる代償も支払い、いかなる負担も厭わず、いかなる困難にも進んで直面し、いかなる友人も助け、いかなる敵とも戦う、ということを”」

★安倍ボンは好きな?ケネディ大統領就任演説を『美しい国へ』でも引用。その後がいけない。「ブッシュ大統領がこれと同じことをいえば、おそらく『なんと好戦的な』といわれるだろう。ケネディは、リベラルの代表格であり、民主党出身の大統領である。アメリカの大統領は、表現こそ違え、じつは代々、同じような主張をしている」

★この認識の仕方は小学生以下だ。よく子どものケンカの仲裁をすれば分かるが、「誰々ちゃんはいい」のに、泣きながら「なぜボクちゃんが同じことをいったらダメ?なの」と訴えている姿が浮かぶ。やはり安倍ボンは、駄々っ子の域を脱していない。一国の首相になる品格としては、まことに恥ずかしい限りだ。甘やかした結果だ。

★就任演説を引用するならば、次の一節にすべきだ。“我々があの最初の革命(独立戦争)の子孫だということを、我々は今日も忘れまい。この時、この場所から、友にも敵にも、次の言葉を伝えよう。すなわち、たいまつはアメリカの新しい世代に引き継がれた、ということを”と、先祖の遺志のシンボルである「たいまつ」をかざした。

★“その新しい世代は、今世紀に生まれ、戦争と、厳しく、苦しみを伴う平和に鍛えられ、古来の遺産を誇りとしている。さらに、我が国が国内外で常に守り続け、今日も守っている人権が、次第に侵害されつつあるのを目撃したり、許したりすることはないのだ”と、メッセージは明確だ。“the torch(たいまつ)はthe baton(バトン)”と言い換えられる。

★ケネディ大統領はワガママ安倍ボンと違って、
世紀の未来の若者たちを信頼し、誇りを持って人権を守ることを激励している。一方、自分の思うままにならないことでは、周囲が自分の言動を誤解している、と他人のせいにする。『施政方針演説』で35回も使った「世界」のダボス会議でも赤恥をかいてくる結果になっているのだ。

★J・F・ケネディ氏はわずか43歳で史上初カトリック系の35代大統領になった。1962年10月22日、キューバ危機は「米ソ核戦争の1秒前」と世界を震撼させた。そして、1年1か月後の1963年11月22日にケネディ大統領は遊説中のダラスで暗殺された。自由の担い手であり、演説の名手だったケネディ人気は、今も衰えない。(岳 重人)


2014(平成26)年1月28日
「初不動」の日に
posted by 岳重人 at 18:46| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: